女心の本音が分からない・・・謎だらけな女性心理について

MENU

女心の本音が分からない・・・謎だらけな女性心理について

女心ほどころころと変わるものはありません。

 

異性である男性にとっては謎ばかり。

 

複雑な女性心理を理解するために、代表的な特徴を5つあげてみました。

 

減点法に基づいているという事実

女性心理には、いつも減点法が稼動しています。

 

好きな対象に関しては、あやふやでなんとなく好き!という評価基準になるのですが、嫌いな対象に関しては、徹底した減点裁定を下してきます。

 

ここがダメ!とか、あれもダメ!とか、さまざまな具体例を挙げて、嫌いの品評会ができるところまで酷評されてしまいます。

 

記憶にも減点したところばかり残るようで、いきなり別れ話になるのもそれが原因でしょう。

 

して欲しいことを遠まわしに言う

友達や知り合いの体験談をひんぱんにしてくる女性って多いですよね。

 

友達がこんなことを経験したとか、こんな告白を彼氏にされたとか、カマをかけてくるような表現をしてきます。

 

これは自分も同じような体験をしたい!自分にこそして欲しいという願望が含まれているのです。

 

友達が旅行に行ったんだって!と言えば、自分を旅行に連れていってほしいという願いの表れ。

 

彼氏と別れちゃったんだって!と言われたら、それはもうかなり警戒したほうがいいということでしょう。

 

遠まわしなんか面倒だなぁ〜と思ってはいけませんよ。

 

しつこかったりクドかったりするとNG

最近では、ストーカーという言葉が用いられるようになりましたから、あまりにしつこいのは、まとわりついてくる!と判断されがちです。

 

そうなると、もう嫌いモード全開になって、後戻りやリセットが難しくなるでしょう。

 

恋愛は積極的でなきゃ!とか、熱意があれば必ず伝わる!とかは、男性サイドの勝手な思い込みに過ぎません。

 

そういう不器用さを前面に出したところで、「ウザい!」と言われて終わりなんです。嫌悪感をいかに発生させないか?が、重要といえるでしょう。

 

母性本能をくすぐられると喜ぶ

女性にべったり甘えて頼るという意味ではありません。

 

料理の腕はキミにはかなわないよ!とか、キミの助けを借りたいな!とか、本当に助かった!とか、男性にとって最も大切な人だと伝えることで、母性本能はくすぐられるようです。

 

存在価値や自分の居場所を認識できるように、しっかり声がけをしてあげてください。

 

寂しがりや

どんなに配慮しているつもりでも、不満を女性から言われた経験があるでしょう。

 

これは女性の心に隙間ができている証拠なんです。

 

その隙間を寂しさだととらえ、他の男性の前で「私今フリーなの・・」などと、平気でウソを言ってしまうこともあるくらいです。

 

ぬいぐるみが部屋の中に増えたり、ペットを飼い始めたら要注意ですよ。