相手が自分の事を気になってるかが分かるしぐさ特集!

MENU

相手が自分の事を気になってるかが分かる"しぐさ"特集

 

あなたは相手のしぐさに意味があることを知っていますか?

 

本音をそのままあからさまにしないのは、男女とも共通なのですが、その本音が態度・しぐさに表れてしまうものなのです。

 

恋愛がしたいと思っているのなら、相手の考えを推し量ることはとても重要ですよね。

 

ここでは、相手の感情を知るために、しぐさにどんな意味が込められているかをご紹介しましょう。

 

脚を少し開いて座っている

これは相手がとてもリラックスしていることを表しています。

 

このしぐさのときは、対象つまりあなたを受け入れたいと思ってくれていることの証しでもあります。

 

積極的に話しかけてみるといいでしょう。

 

脚を組んで座っている

これもリラックス状態が続いていることを表しています。

 

そういう雰囲気が、あなたと相手の間で成立しているということなのです。かなりいい感じだと理解しましょう。

 

 

つま先やヒザがあなたのほうに向いて座っている

これは机やテーブルの下を覗かないとチェックできないのですが、合コンのときに上半身は会話する相手のほうを向いているのに、つま先やヒザは気になる人のほうへ向けていることがあるのです。

 

ぜひ覗くようにしてみてください。そこに相手の本音が表れていたりしますから。

 

手持ちのバッグを置く

隣りに座った人が、あなたとの間に手持ちのバッグを置いたとしましょう。無意識のうちに壁を作ったことになるのです。

 

こういうしぐさが出るときは、まだあなたに気を許していない証しですよ。慎重に関係を深めていくようにしましょう。

 

腕を近づけても動かさない

相手の腕の近くに、あなたの腕を置いてみてください。腕は気になる人に近づけたくなるセンサーの役割を果たしています。

 

腕をそばに置かれて、それを避けようとしなかったら、脈はあると考えていいかもしれませんね。

 

 

腕組みをほどいて前のめりになる

腕組み自体は、心を閉ざしているときのサインです。しかしそれをほどいてこちら向きに前のめりになってくれたら、心を開いてくれたと思ってください

 

緊張も緩和されているので、会話するタイミングとしては丁度いいでしょう。

 

全く同じタイミングで飲み物を注文する

気になる人とは、同じ行動やしぐさをしてしまうものなのです。

 

飲み物などを頼んでみて、相手が「じゃあボクもそれ!」なんて展開になったら、喜んでいいと思います。

 

手を開いたり手のひらを見せたりしてくる

あなたに対して、手を開いてしゃべったり手のひらを見せてくるのは、心を開いている証しです。

 

そういう行為を見たら、積極的に話してみるのがいいかもしれませんね。